実績

ROIP オーストリア・ロースドルフ城 古伊万里再生プロジェクト|茶蓮 tranquilitea

ROIPとはオーストリア・ロースドルフ城古伊万里再生プロジェクト。
一般社団法人古伊万里再生プロジェクト代表理事。

茶会をきっかけに、ウィーン近郊の古城に眠っていた戦争遺産の陶片1万ピースを発見。
城主一家と信頼を築き、有志らと活動を開始。

古伊万里を中心にコレクションの一部を300年ぶりに日本へ里帰りさせ、2020年より2年間、国内の4つの公私立美術館にて特別展巡回「海を渡った古伊万里〜ウィーン、ロースドルフ城の悲劇」を成功に導く。
(大倉集古館・愛知県立陶磁美術館・山口県立萩美術館・浦上記念館、佐賀県立九州陶磁文化館)

また、コロナ禍ながら、4万人の来館者を動員に成功。
有田にて次世代シンポジウムを開催。
女性有志らの社会的な取り組みは、ジャパンタイムズ紙やNHK国際放送、ほか国内外のメディア(50社以上)にて多数報道。

コメント

この記事へのコメントはありません。